第8回(1957年)

放送日・放送時間・会場・視聴率

  • 放送日・放送時間:1957(昭和32)年12月31日 21:05〜23:30
  • 会場:東京宝塚劇場

司会者・出場歌手・曲目・優勝チーム

総合司会(進行役):石井鐘三郎アナウンサー
紅組 白組
司会:水の江瀧子 司会:高橋圭三アナウンサー
1 楠トシエ お花どん 2 曾根史郎 2 看板娘の花子さん
3 久慈あさみ 2 デッカメン・ソロ 4 若山 彰 喜びも悲しみも幾歳月
5 松山恵子 未練の波止場 6 三船 浩 男のブルース
7 藤沢嵐子 さらば草原よ 8 笈田敏夫 5 アレキサンダーズ・ラグタイム・バンド
9 暁テル子 4 やさしい婦警さん 10 白根一男 面影いずこ
11 淡谷のり子 4 雨の東京 12 伊藤久男 6 宵待草の唄
13 朝丘雪路 星はながれる 14 若原一郎 2 丘にのぼりて
15 江利チエミ 5 ヤムミー・ヤムミー 16 芦野 宏 3 メケ・メケ
17 菊池章子 6 私はそよ風 18 小畑 実 3 高原の駅よさようなら
19 大津美子 2 東京は恋人 20 フランク永井 東京午前三時
21 池真理子 6 黒と白のニンバ 22 三浦洸一 2 あゝダムの町
23 二葉あき子 8 夜霧降る空の港 24 林伊佐緒 7 そっとこのまゝ

26 鈴木三重子 2 坊や船頭さん 25 青木光一 二代目船長さん
28 奈良光枝 6 白樺の宿 27 津村 謙 7 流転わらべ唄
30 浜村美智子 監獄ロック 29 小坂一也 2 青春サイクリング
32 松島詩子 7 星座仰いで 31 近江俊郎 6 坊ちゃん青空を行く
34 中原美紗緒 2 ジェルソミーナ 33 高 英男 4 ブン
36 渡辺はま子 6 夜来香 35 藤山一郎 8 ブンガワン・ソロ
38 初代コロムビア・ローズ 2 どうせ拾った恋だもの 37 藤島桓夫 2 お月さん今晩は
40 雪村いづみ 2 ビー・バップ・ア・ルーラ 39 ジェームス繁田 魅惑のワルツ
42 ペギー葉山 4 シャンテ・シャンテ 41 旗 照夫 2 八十日間世界一周
44 島倉千代子 逢いたいなァ あの人に 43 春日八郎 3 母の便り
46 越路吹雪 3 愛の涙 45 灰田勝彦 5 野球小僧
48 宮城まり子 4 納豆うりの唄 47 高田浩吉 うかれ駕籠
50 美空ひばり 2 長崎の蝶々さん 49 三橋美智也 2 りんご花咲く故郷へ
優勝:紅組(4)

  • 初出場
    • 紅組:楠トシエ/松山恵子/藤沢嵐子/朝丘雪路/浜村美智子/島倉千代子
    • 白組:若山 彰/三船 浩/白根一男/フランク永井/青木光一/ジェームス繁田/高田浩吉
  • 再出場
    • 紅組:久慈あさみ(5年ぶり)/暁テル子(5年ぶり)/菊池章子(2年ぶり)/雪村いづみ(3年ぶり)/美空ひばり(3年ぶり)
    • 白組:小畑 実(3年ぶり)


審査員

田中角榮 郵政大臣 同年7月、第1次岸改造内閣で郵政大臣として入閣、「戦後初の30代大臣の誕生」と話題に。テレビ局・新聞社の系列化を推進、今日のテレビネットワークの基礎を築く
菊田一夫 劇作家 東宝文芸部の中核として、終戦直後よりラジオドラマ「君の名は」「鐘の鳴る丘」、映画「地獄の顔」などを作・演出、一大ブームを築き上げる。同年も宝塚歌劇「赤と黒」などの多数の意欲作を手がける
金田正一 プロ野球・国鉄スワローズ投手 1950年のプロデビュー以来、剛速球を武器に驚異的なペースで勝ち星・奪三振数を重ね続け、この年、わずかプロ8年目にして通算2000奪三振を達成。また夏には完全試合を成し遂げ、押しも押されぬ球界を代表する大エースに成長
若乃花勝治 大相撲・大関 前年、愛児を不慮の事故で失う不幸に見舞われながら、不屈の精神力で土俵に臨み続け、”綱取り間近”とも目される人気力士に成長(翌1958年初場所の優勝により横綱に昇格)
奥むめお 婦人運動家・政治家 市川房枝・平塚らいてうらと共に大正期より女性の政治参加・女性の権利向上を目指した社会運動を展開。戦後は参議院議員として、また主婦連合会の主宰として不良品追放運動を推進
細川ちか子 女優 築地小劇場からP.C.L.(東宝の前身に当たる映画製作会社)を経て、戦後は劇団民藝の主要メンバーとして、舞台・テレビ・映画の各方面で名バイプレーヤーとして活躍。
森田たま 随筆家 1936年に発表した「もめん随筆」を筆頭に、主に着物の機能性やデザインなどをテーマとした随筆・評論を展開。1954年には国際ペン大会日本代表として欧州各国を長期歴訪
近藤百合子 教育者 香蘭女学院の教員として、テレビ放送初期の婦人番組で活躍
北真理子 視聴者代表  
前野精二 視聴者代表  
吉川義雄 NHK芸能局長 ※審査委員長

特別ゲスト、演奏バンド、ラジオ実況など

  • 応援ゲスト:フランキー堺/石原裕次郎/大江美智子/津川雅彦、ほか
  • ラジオ実況:北出清五郎アナウンサー
  • 演奏:NHKオールスターズ(オーケストラボックス)/東京放送管弦楽団(ステージ)
  • 指揮:岡村雅雄(紅組)/前田 環(白組)/奥田宗宏(オーケストラボックス)

  • 最終更新:2015-12-04 09:55:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード