第7回(1956年)

放送日・放送時間・会場・視聴率

  • 放送日・放送時間:1956(昭和31)年12月31日 21:05〜23:30
  • 会場:東京宝塚劇場

司会者・出場歌手・曲目・優勝チーム

総合司会(進行役):石井鐘三郎アナウンサー
紅組 白組
司会:宮田輝アナウンサー 司会:高橋圭三アナウンサー
2 荒井恵子 3 南の花嫁さん 1 岡本敦郎 6 自転車旅行
4 照菊 恋のまよい鳥 3 瀬川 伸 2 明星鴉
6 松島詩子 6 夜のヴァイオリン 5 霧島 昇 4 恋に朽ちなん
8 赤坂小梅 4 三池炭坑節 7 鈴木正夫 5 常磐炭坑節
10 菅原都々子 4 連絡船の歌 9 宇津美清 3 青い灯赤い灯
12 生田恵子 アイ・アイ・バンジョー 11 林伊佐緒 6 草原を行く男
14 宝とも子 2 セ・シ・ボン 13 高 英男 3 セ・シ・ボン
16 淡谷のり子 3 ルムバ・タムバ 15 ディック・ミネ 5 私の青空(マイ・ブルー・ヘブン)


18 江利チエミ 4 お転婆キキ 17 三橋美智也 哀愁列車
20 二葉あき子 7 忘れじの君いづこ 19 藤山一郎 7 あゝ牧場は緑
22 池真理子 5 どうして嫌と云えましょう 21 津村 謙 6 青春の街
24 ペギー葉山 3 ケ・セラ・セラ 23 笈田敏夫 4 ハイ・ソサエティ・カリプソ

25 西村つた江 横浜(ハマ)の谷間 26 山形英夫 港の人気者
27 吉岡妙子 私の幸福はどこへ 28 真木不二夫 4 旅路の雨
29 中原美紗緒 フル・フル 30 旗 照夫 恋とは素晴らしいもの
31 小唄勝太郎 3 唐人お吉の唄 32 東海林太郎 3 赤城の子守唄


33 鈴木三重子 愛ちゃんはお嫁に 34 若原一郎 風の吹きよで
35 奈良光枝 5 白いランプの灯る道 36 近江俊郎 5 思い出月夜
37 越路吹雪 2 哀れなジャン 38 芦野 宏 2 ドミノ

40 大津美子 東京アンナ 39 曾根史郎 若いお巡りさん
(雪村いづみ) (マンボ・バカン) 41 小坂一也 ハートブレイク・ホテル
※急病のため辞退 ※江利チエミが代演
43 初代コロムビア・ローズ 娘艶歌師 42 藤島桓夫 かえりの港
45 渡辺はま子 5 桑港のチャイナ街 44 伊藤久男 5 キャラバンの太鼓
47 宮城まり子 3 屑屋の娘 46 春日八郎 2 別れの一本杉
49 笠置シヅ子 4 ヘイ・ヘイ・ブギ 48 灰田勝彦 4 白銀の山小舎で
優勝:白組(4)

  • 初出場
    • 紅組:照菊/生田恵子/西村つた江/吉岡妙子/中原美紗緒/鈴木三重子/大津美子/初代コロムビア・ローズ
    • 白組:三橋美智也/山形英夫/旗 照夫/若原一郎/曾根史郎/小坂一也/藤島桓夫
  • 再出場
    • 紅組:菅原都々子(3年ぶり)/淡谷のり子(2年ぶり)/越路吹雪(5年ぶり)/渡辺はま子(2年ぶり)/笠置シヅ子(3年ぶり)
    • 白組:瀬川 伸(5年ぶり)/霧島 昇(2年ぶり)/宇都美清(3年ぶり)/高 英男(2年ぶり)/近江俊郎(2年ぶり)/伊藤久男(2年ぶり)/春日八郎(2年ぶり)/灰田勝彦(3年ぶり)


審査員

三國連太郎 俳優 同年、日活を退社し、フリーの俳優としてテレビドラマの世界に進出。初主演作「どたんば」が同年度の文化庁芸術祭・芸術祭賞を受賞する
小西得郎 野球解説者 前年よりNHK専属の野球解説者として同局のプロ野球中継に出演。志村正順アナとの名コンビでテレビ放送初期のプロ野球中継を盛り上げる
栃錦清隆 大相撲・第44代横綱 1955年初場所で横綱に昇進。多彩な技で勝ち星を重ね、「技の博覧会」「土俵の名人」の異名を取る。のちに横綱となる初代若乃花とともに1950年代の大相撲人気に貢献
水木洋子 脚本家 1949年、「女の一生」での脚本家デビュー以来、主に今井正・成瀬巳喜男監督作品を中心に多数のシナリオを執筆。女性独自の観点から「ひめゆりの塔」「あにいもうと」などを邦画史に残る名作を残す
吾妻徳穂 舞踊家 日本舞踊・吾妻流宗家。1954年から同年まで「アヅマカブキ」を提唱して欧米諸国で公演を開催
坂西志保 評論家 1922年に渡米。ホイートン大学・ミシガン大学での留学やアメリカ議会図書館課長としての勤務経験等により培われたアメリカ合理主義の考え方を元に、戦後、教育・行政の分野を中心に評論活動を展開。同時に外務省専門委員、憲法調査会委員などの要職を歴任
高木茂高    
田村佐紀子    
河上牧子    
吉川義雄 NHKテレビ局長  
春日由三 NHKラジオ局長 ※審査委員長

特別ゲスト、演奏バンド、ラジオ実況など

  • 応援ゲスト:三木のり平/トニー谷/河野ヨシユキ/フランキー堺/大江美智子

  • 最終更新:2015-12-04 09:49:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード