第20回(1969年)

放送日・放送時間・会場・視聴率

  • 放送日・放送時間:1969(昭和44)年12月31日 21:00〜23:45
  • 会場:東京宝塚劇場
  • 視聴率:69.7%

司会者・出場歌手・曲目・優勝チーム

総合司会:宮田 輝アナウンサー
紅組 白組
司会:伊東ゆかり 司会:坂本 九
1 青江三奈 3 池袋の夜 2 布施 明 3 バラ色の月
3 いしだあゆみ ブルー・ライト・ヨコハマ 4 千 昌夫 2 君がすべてさ
5 小川知子 2 初恋のひと 6 西郷輝彦 6 海はふりむかない
7 カルメン・マキ 時には母のない子のように 8 アイ・ジョージ 10 ク・クル・ク・ク・パロマ
9 越路吹雪 15 愛の讃歌 10 春日八郎 15 別れの一本杉

11 奥村チヨ 恋泥棒 12 ザ・キング・トーンズ グッド・ナイト・ベイビー
13 水前寺清子 5 真実一路のマーチ 14 三田 明 6 サロマ湖の空
15 由紀さおり 夜明けのスキャット 16 デューク・エイセス 7 筑波山麓合唱団
17 伊東ゆかり 7 宿命の祈り 18 菅原洋一 3 潮風の中で
19 岸 洋子 6 夜明けのうた 20 坂本 九 9 見上げてごらん夜の星を
21 森山良子 禁じられた恋 22 鶴岡雅義と
東京ロマンチカ
2 君は心の妻だから
23 島倉千代子 13 すみだ川 24 三波春夫 12 大利根無情


ハーフタイムコーナー
伊東ゆかり・弘田三枝子・ザ・ピーナッツ アメリカンポップスメドレー ザ・ドリフターズ 民謡メドレー
「恋はおしまい」〜「ラブ・ミー・トゥナイト」〜「西暦2525年」 「秋田音頭」〜「斎太郎節」〜「ドリフのズントコ節」


26 弘田三枝子 6 人形の家 25 橋 幸夫 10 京都・神戸・銀座
28 黛ジュン 3 雲にのりたい 27 佐川満男 3 今は幸せかい
30 西田佐知子 9 アカシアの雨がやむとき 29 村田英雄 9 王将
32 梓みちよ 7 こんにちは赤ちゃん 31 水原 弘 6 君こそわが命
34 高田恭子 みんな夢の中 33 美川憲一 2 女とバラ
36 中尾ミエ 8 忘れられた坊や 35 ダーク・ダックス 12 あんな娘がいいな

38 ピンキーとキラーズ 2 星空のロマンス 37 内山田洋と
クール・ファイブ
長崎は今日も雨だった
40 ザ・ピーナッツ 11 ウナ・セラ・ディ東京 39 フランク永井 13 君恋し
42 佐良直美 3 いいじゃないの幸せならば 41 舟木一夫 7 夕映えのふたり
44 都はるみ 5 はるみの三度笠 43 北島三郎 7 加賀の女
46 美空ひばり 14 別れてもありがとう 45 森 進一 2 港町ブルース
優勝:紅組(10)

  • 初出場
    • 紅組:いしだあゆみ/由紀さおり/森山良子/奥村チヨ/カルメン・マキ/高田恭子
    • 白組:内山田洋とクール・ファイブ/ザ・キング・トーンズ
  • 再出場
    • 紅組:弘田三枝子(2年ぶり)
    • 白組:佐川満男(7年ぶり)


審査員

浅丘ルリ子 女優 レコード「愛の化石」の発売、「私を棄てた女」など計6本の映画に民放ドラマ「90日の恋」での主演など、年間を通じて多くの話題を提供。この年の流行語”女性上位”の象徴的存在に。
佐藤愛子 作家 この年、自身の人生体験を基に著した「戦いすんで日が暮れて」がベストセラーとなり上半期直木賞を受賞
鶴岡一人 NHK野球解説者 前年まで23年間に渡り南海ホークス監督として球団を指揮、リーグ優勝11回、日本一2回とチームをパ・リーグ随一の常勝球団に押し上げる。この年よりNHKの野球解説者に就任
市川海老蔵 歌舞伎俳優 この年の秋、大学卒業を機に十代目市川海老蔵を襲名。歌舞伎の名門”成田屋”のサラブレットとして今後の活躍に期待がかかる
大谷直子 女優 この年、NHK朝の連続ドラマ「信子とおばあちゃん」でヒロイン・信子役を好演し知名度を上げる
今井通子 登山家・医師 日本女子医科大学在学中から登山家としての活動を開始。この年の夏、スイスを代表する名山・アイガーの登頂に女性登山家として初めて成功
菅野義丸 日本万国博覧会協会副会長 鉄道省を経て、吉田内閣の官房官房副長官など要職を歴任。鉄道行政で活躍した経験を買われ日本万国博覧会副会長に就任。諸外国への参加斡旋などで中心的な役割を果たす
平幹二朗 俳優 俳優座所属を経てドラマ「三匹の侍」、舞台「ハムレット」などで演技派としての地位を確立。来年の大河ドラマ「樅の木は残った」では原田甲斐役で主演を務める
中山卯郎 NHK芸能局長 ※審査委員長
地区代表 ※計8名  

特別ゲスト、演奏バンド、ラジオ実況など

  • 応援ゲスト:森繁久彌/水の江瀧子/森 光子/黒柳徹子/林美智子/西山 千(同年7月のアポロ11号月面着陸同時中継時の同時通訳者)/藤田まこと/なべおさみ/月の家圓鏡/左 ト全/ザ・ドリフターズ/金井克子/ハナ肇とクレイジーキャッツ/古今亭志ん朝/南 利明/関 敬六/三遊亭小圓遊/三浦布美子/浜木綿子/瑳川哲朗/高橋英樹
  • 演奏ゲスト:宮川 泰(指揮)/井上忠夫
  • 演奏:原信夫とシャープス・アンド・フラッツ(紅・前半)/小野満とスイング・ビーバーズ(紅・後半)/有馬徹とノーチェ・クバーナ(白・前半)/宮間利之とニューバード(白・後半)
  • 指揮:原 信夫・小野 満(紅組担当)/有馬 徹・宮間利之(白組担当)/藤山一郎(総合指揮) 

  • 最終更新:2015-12-06 22:00:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード