バラエティ・トーク・演芸番組:1970〜1979年

NHK総合

お笑いオンステージ

  • 放送期間:1972/04/08〜1982/04/04
  • 放送時間
    • (土)20:00-20:40(1972/04〜1973/03)
    • (日)19:20-19:59(1973/04〜1982/03)
  • 司会・メインキャスト
1972/04/08 1973/03/31 三波伸介
[前半]
笑福亭仁鶴
[後半]
01.00 ・三波は前半パートの「てんぷく笑劇場」メインキャスト、仁鶴は後半パートの「お見合いコーナー」の司会として出演。
1973/04/08 1982/04/04 三波伸介(10.00) 09.00 ・1973年4月の時間枠移動に伴い、当初の「てんぷく笑劇場」「演芸」「お見合いコーナー」の3部構成から「笑劇場」と三波司会による新設の「満点パパ(のち満点ファミリー)」の2部構成に改編され、この時期から公式に三波が”番組の看板”として取り扱われるようになった。
  • レギュラー(「笑劇場」):伊東四朗(72/04〜76/03)/戸塚睦夫(72/04〜10)/中村メイコ(75/04〜82/04)/東八郎(75/04〜82/04)
    • 戸塚は体調不良により1972年10月に一時降板。その後、体調を見計らって収録に参加したが、1973年5月に死去、自動的に降板扱いとなった。
    • 東・中村はレギュラー昇格前より、1〜2ヶ月に1回の割合で準レギュラーとして番組に出演(東は開始当初から、中村は1973年4月から)。レギュラー昇格後、中村に関してはほぼ毎回、三波の相手役を演じていたことから、事実上は三波と並ぶメインキャスト格で取り扱われていた。
  • 準レギュラー:青空球児・好児/西川ひかる/玉川良一/小松政夫/由利 徹/谷 幹一/トニー谷/ラッキー7/せんだみつお、ほか

ばらえてぃ テレビファソラシド

  • 放送期間:1979/04/03〜1982/03/13
  • 放送時間
    • (火)20:00-20:50(1979/04〜1980/04)
    • (木)20:00-20:50(1980/04〜1981/04)
    • (土)21:10-21:45(1981/04〜1982/03)
  • 司会
1979/04/03 1980/01/29 加賀美幸子◆ (週替り)◆ 永 六輔
[アシスタント]
(03.00)
00.10 ・形式上は毎回出演するNHKの女性アナウンサー(原則として2名)が”メイン司会者”としてクレジットされていたが、実質上は"アシスタント"として出演していた番組企画・総合構成担当の永六輔を中心として番組進行を担当。
・1980年1月までは加賀美アナとペアを組む女性アナウンサーは固定されず、週替りの形式が採られていた。この期間に出演した司会アナウンサーの顔ぶれは以下の通り。
<週替り出演>
・頼近美津子◆:79/04/03〜17・07/03
・広瀬久美子◆:79/04/24・05/01・06/05・08/07・09/25・11/13・11/27・12/25・80/01/08
・伊集院礼子◆:79/05/08・80/02/19
・古藤田京子◆:79/05/15・12/11・80/01/08
・遠藤ふき子◆:79/05/22
・迎 康子◆:79/05/29・09/11・80/01/15
・橋本潤子◆:79/06/21・08/28・10/23
・後藤美代子◆:79/06/19・07/17
・村田幸子◆:79/06/26・10/09
・永井多恵子◆:79/07/24・10/29
・小宮山洋子◆:79/08/14・08/22・80/01/29
・山根基世◆:79/10/02・11/20・12/04
・介川裕子◆:79/11/06・80/01/08・01/22
・安藤 恵◆:79/12/11・12/18
・桜井洋子◆:79/12/18
1980/02/05 1981/01/22 頼近美津子◆ 01.00 1980年2月より頼近アナが正式にレギュラー入り。出演アナウンサーは加賀美・頼近両アナのペアに固定される。
1981/01/29 1982/03/13 加賀美幸子◆(03.00) 01.02 1981年1月末をもって頼近アナがNHKを退局(同4月よりフジテレビに移籍)したことに伴い、以後、放送終了まで女性アナウンサーの出演は加賀美アナ1人のみに。但し、地方局からの収録放送の場合には当該局に所属する女性アナウンサーが臨時で司会に加わる場合もあった。
  • レギュラー:内海桂子・好江(1979/04〜1981/03)/ケン・フランケル(1979/04〜1980/02)/タモリ(1980/04〜1982/03)/近藤真彦(1980/04〜1981/03)/小堺一機(1980/04〜1981/03)/八木正生(1981/04〜1982/03)、ほか
  • 準レギュラー:小林のり一/泰葉/井上 順/伊奈かっぺい、ほか
    • タモリは開始初年度より準レギュラー格ゲストとして出演。1980年4月より正式にレギュラー入りした後、番組最末期には形式的には一レギュラーとしての出演ながら永と並ぶ”番組の顔”として取り扱われた。
    • 内海好江・桂子は1980年夏以降、スケジュール都合や番組構成の変更などの事情から不定期での出演に切替え(1981年3月に降板)。
    • 最晩年のレギュラー、八木正生は番組内の音楽監修も担当。

日本テレビ系

おのろけ王座決定戦(読売テレビ製作)

  • 放送期間:1970/07/06〜09/28
  • 放送時間:(月)22:00-22:30
  • 司会
  1. 1970/07/06〜09/28(00.03):森乃福郎

田宮二郎ショー プラザ47(山梨放送製作)

  • 放送期間:1971/07/07〜12/29
  • 放送時間:(水)22:00-22:26
  • 司会
  1. 1971/07/07〜12/29(00.06):田宮二郎

あまカラ夫婦

  • 放送期間:1972/01/05〜03/29
  • 放送時間:(水)22:00-22:26
  • 司会
  1. 1972/01/05〜03/29(00.03):有島一郎/中村メイコ

それいけ10円!私書箱880

  • 放送期間:1972/10/07〜1974/09/28
  • 放送時間
    • (土)13:30-14:00(1972/10〜1974/03)
    • (土)13:00-13:30(1974/04〜09)
  • 司会
  1. 1972/10/07〜1974/09/28(02.00):黒澤久雄
  • レギュラー:水森亜土、ほか

土曜19時台後半・松下電器一社提供バラエティ枠

ベスト3夢の顔合せ
→(1976/10〜)オールスター親子で勝負!

  • 放送期間/放送時間
    • ベスト3夢の顔合せ:1975/10/04〜1976/09/25
    • オールスター親子で勝負!:1976/10/09〜1978/09/30
      • (土)19:30-20:00
  • 司会
ベスト3夢の顔合せ 1975/10/04 1976/03/27 ずうとるび
(山田隆夫・江藤博利・新井康弘・今村良樹)
アン・ルイス
(01.00)
00.06  
1976/04/03 1976/09/25 郷ひろみ 00.06  
オールスター
親子で勝負!
1976/10/09 1977/03/26 徳光和夫◆
(02.00)
郷ひろみ
(01.00)
野中小百合
(02.00)
00.06 ・1976年10月〜1977年3月までは郷がメイン司会を担当(徳光アナは郷のアシスト役として進行に参加)
1977/04/02 1978/09/30 あべ静江 01.06 ・郷の降板により徳光アナがメイン司会に。
 

TBS系

木曜19時台前半・天地真理メインバラエティ枠(「真理ちゃんシリーズ」)

ミュージック・メルヘン 真理ちゃんとデイト
→(1973/04〜)ミュージック・ホームドラマ となりの真理ちゃん
→(1973/10〜)ファミリーストーリー とび出せ!真理ちゃん
→(1974/04〜)アタック!真理ちゃん
→(1974/10〜)はばたけ!真理ちゃん

  • 放送期間/放送時間
    • 真理ちゃんとデイト:1972/10/05〜1973/03/29
    • となりの真理ちゃん:1973/04/05〜09/27
    • とび出せ!真理ちゃん:1973/10/04〜1974/03/28
    • アタック!真理ちゃん:1974/04/04〜09/26
    • はばたけ!真理ちゃん:1974/10/03〜1975/03/27
      • (木)19:00-19:30
・司会・メインキャスト
ミュージック・メルヘン
真理ちゃんとデイト
1972/10/05 1973/03/29 天地真理 01.06  
ミュージック・ホームドラマ
となりの真理ちゃん
1973/04/05 1973/09/27  
ファミリーストーリー
とび出せ!真理ちゃん
1973/10/04 1974/03/28 ・当番組まではスタジオ収録。
アタック!真理ちゃん 1974/04/04 1974/09/26 天地真理
[メインキャスト]
桂 三枝(文枝)
[司会進行]
00.06 ・これまでのスタジオ収録から外部会場での公開収録形式に変更されたのに伴い、新たに司会進行役として桂三枝が参加。天地は司会進行の本筋に関わらない”メインキャスト”扱いで番組に出演。
はばたけ!真理ちゃん 1974/10/03 1975/03/27 天地真理
(02.06)
00.06 ・スタジオ収録形式に戻されたことに伴い、三枝は「アタック!真理ちゃん」終了と同時に番組を降板。当番組は再び天地の単独主演・司会に。
  • レギュラー・ナレーター等
    • 真理ちゃんとデイト
      • 声の出演:松島みのり/はせさん治/滝口順平/つかせのりこ/富田耕生  

親子集まれ!土曜12時

  • 放送期間:1974/04/13〜09/28
  • 放送時間:(土)12:00-13:00
  • 司会
  1. 1974/04/13〜09/28(00.06):せんだみつお/鈴木ヒロミツ
    • せんだ・鈴木は当番組終了後、1975年1月より同局系火曜20時台でスタートした歌謡番組「一億人の歌謡曲」(同年3月まで放送)の司会も共に担当。  

米朝ファミリー 和朗亭(朝日放送製作)

  • 放送期間:1974/07/06〜1976/03/27
  • 放送時間
    • (土)12:00-12:40(1974/07〜09)
    • (土)12:00-12:55(1974/10〜1976/03)
      1. 1974/10〜1975/03まではTBSも上記時間帯での同時ネットで放送(1975年春のTBS系・NET系間での在阪準キー局の”腸捻転解消”に伴い、関東での放送は半年で終了)
  • 司会
  1. 1974/07/06〜1976/03/27(01.09):桂 米朝/安藤孝子

日曜19時台後半・三菱電機一社提供枠(※1986/09まで)

欽ちゃんの向こう三軒両隣
→(1977/10〜)欽ちゃんのこれが1番!!
→(1979/03〜)チェック&チェック
→(1980/10〜)反応ゲーム2つに1つ
⇒[1981/07〜09までは単発番組枠]
→(1981/10〜)人間ふしぎ不思議
→(1983/04〜)西田敏行・桜田淳子のもちろん正解
⇒[1983/10のみ単発番組枠]
→(1983/11〜)THEチャレンジャー(第1期)
⇒[1985/04〜10までは単発番組枠(「GOGOサンデー」)]

  • 放送期間/放送時間
    • 欽ちゃんの向こう三軒両隣:1976/10/17〜1977/09/25
    • 欽ちゃんのこれが1番!!:1977/10/16〜1979/02/25
    • チェック&チェック:1979/03/04〜1980/09/28
    • 反応ゲーム2つに1つ:1980/10/19〜1981/07/19
      1. 「チェック&チェック」→「反応ゲーム2つに1つ」はクイズ・ゲーム番組として放送。
      2. 「反応ゲーム2つに1つ」終了後、1981年10月改編までの暫定措置として日曜20時台と枠を統合、単発番組枠(当初はタイトルなし、9月のみ「日曜特集」として放送)に転換。
    • 人間ふしぎ不思議:1981/10/11〜1983/03/13
    • 西田敏行・桜田淳子のもちろん正解:1983/04/17〜09/25
      1. 1983年10月は暫定措置として日曜20時台を枠を統合、単発番組枠に転換。
    • THEチャレンジャー(第1期):1983/11/06〜1985/03/24
      1. 1985年4月〜10月までは日曜20時台と枠を統合、単発番組枠「GOGOサンデー」に転換。
    • THEチャレンジャー(第2期):1985/11/10〜1986/09/28
      1. 日曜19時台後半の三菱電機一社提供枠は1986年10月以降も継続(当時の放送番組は三宅裕司・山瀬まみ(→西田ひかる)・朝井泉(泉麻人)(→海老名泰孝(林家こぶ平))司会の「テレビ探偵団」)したが、編集の便宜上、別項目にて取り扱うこととする。
  • 司会
欽ちゃんの
向こう三軒両隣
1976/10/17 1977/09/25 萩本欽一 02.05  
欽ちゃんのこれが1番!! 1977/10/16 1979/02/25  
チェック&チェック 1979/03/04 1979/09/30 藤田和弘◆ 00.07  
1979/10/14 1980/03/30 毒蝮三太夫
(01.00)
高見恭子 00.06  
1980/04/13 1980/09/28 石川ひとみ 00.06  
反応ゲーム2つに1つ 1980/10/19 1981/03/29 西川きよし
(00.10)
水沢有美[出題] 00.06  
1981/04/19 1981/07/19 大野香菜[出題] 00.04 ・1981年にフジテレビを退社した大野が同年春改編と同時に2代目の出題アシスタント役として登板。
(1981/07〜09は日曜20時台と枠統合、単発番組枠に)
人間ふしぎ不思議 1981/10/11 1983/03/13 鈴木治彦◆ 生島ヒロシ◆ 奥村真粧美 01.06  
西田敏行・桜田淳子の
もちろん正解
1983/04/17 1983/09/25 西田敏行 桜田淳子 00.06  
(1983/10は日曜20時台と枠統合、単発番組枠に)
THEチャレンジャー
(第1期)
1983/11/06 1984/09/00 水野晴郎 00.11 ・1984年秋改編で番組構成が変更された事に伴い、司会の水野とナレーターの小島一慶アナが揃って降板。以降、新ナレーターに古川登志夫(第2期は広川太一郎)を迎え、ナレーターが事実上の進行役を務めるチャレンジドキュメンタリー番組として放送。
1984/10/00 1985/03/24 (なし)
※ナレーターの古川登志夫が進行を担当。
 
(1985/04〜10までは日曜20時台と枠統合、単発番組枠「GOGOサンデー」を放送)
THEチャレンジャー
(第2期)
1985/11/10 1986/09/28 (なし)
※ナレーターの広川太一郎が進行を担当
   
  • レギュラー
    • 人間ふしぎ不思議
      • レギュラーパネラー:竹村健一/木内みどり/清水健太郎
      • 実験アシスタント:ザ・モルモッツ
    • THEチャレンジャー
      • ナレーター(第1期):小島一慶◆/古川登志夫
      • ナレーター(第2期):広川太一郎
  

フジテレビ系

テレビ浪曲道場

  • 放送期間:1971/07/01〜09/30
  • 放送時間:(木)22:00-22:30
    1. 当該放送枠の前番組「コント55号のおとぼけ人間学」(1971/04〜06放送)の早期打切りに伴う繋ぎ番組として放送。
  • 司会
  1. 1971/07/01〜09/30(00.03):大野しげひさ/小鹿ミキ
  • 審査員:二葉百合子/三遊亭圓歌/中村富士丸、ほか

関西テレビ製作・笹岡薬品→金鳥一社提供トークバラエティ枠 (※1988/09まで)

凡児の娘をよろしく
→(1979/04〜)恋のトリプルチャンス
→(1980/03〜)三枝の爆笑美女対談
→(1987/04〜)金鳥おもしろ倶楽部 スターご勝手対談

  • 放送期間/放送時間
    • 凡児の娘をよろしく:1972/04/06〜1979/03/29
    • 恋のトリプルチャンス:1979/04/05〜1980/03/13
      • (木)22:00-22:30
    • 三枝の爆笑美女対談:1980/03/20〜1987/03/29
      • (木)22:00-22:30(1980/03〜1983/09)
      • (日)22:30-23:00(1983/10〜1987/03)
      1. 当番組も当初は笹岡薬品の一社提供番組としてスタートしたが、程なく森下仁丹が新たにスポンサーに参加し、笹岡・仁丹の二社提供に移行。その後、放送枠の移動と同時に両社がスポンサーを降板、一時複数社提供となった後、1985年より新たな単独スポンサーとして金鳥が参加。以降、1997年3月終了の「カジノザウルス」(島田紳助司会)までフジテレビ系日曜22時台(30分枠)での関西テレビ製作・金鳥単独提供体制が継続された。
    • 三枝の爆笑美女対談:1980/03/20〜1987/03/29
    • 金鳥おもしろ倶楽部 スターご勝手対談:1987/04/05〜1988/09/25
      • (日)22:30-23:00
  • 司会
凡児の娘をよろしく 1972/04/06 1979/03/29 西条凡児 [アシスタント]
井原千寿子
(72/10〜74/04)

原 明美
(74/04〜75/09)
ほか
07.00 ・元々、当番組はスポンサーの笹岡薬品が同じくスポンサーを務めていた「おやじバンザイ」(朝日放送・TBS系)の司会を自身の不祥事により1970年秋で降板、一時活動自粛の状態にあった西条の復帰番組として用意された経緯を持つ。そのため、やや出演者のコンセプトは異なるものの、番組フォーマット自体はほぼ「おやじ―」と同様の形式が踏襲されていた。
・番組終了を機に西条は芸能活動の一線から完全に引退。以後、表舞台に復帰することなく1993年に逝去した。
恋のトリプルチャンス 1979/04/05 1980/03/13 桂 三枝(文枝) 若原 瞳 01.00  
三枝の爆笑美女対談 1980/03/20 1987/03/29 桂 三枝(文枝)(08.00) 07.00 ・三枝が放送後期の当番組の単独スポンサーである金鳥のライバル企業に当たる中外製薬の殺虫剤のCMタレントを務めていたために番組への継続出演が困難となったこと、また番組視聴率の低迷ぶりから三枝自身が番組降板を申し出たこと等の事情から1987年春の改編をもって放送を終了。
スターご勝手対談 1987/04/05 1988/09/25 ジェームス三木 01.06  


関西テレビ製作・ロード製薬提供バラエティ枠(※1981/09まで)

東西対抗お笑いルーレット
→(1975/04〜)おくにじまんスター自慢
→(1975/10〜)特集 ザ☆スター
→(1976/04〜)相性診断!あなたと私はピッタンコ→(1980/05〜)相性診断!ザ・ピッタンコ
→(1981/04〜)激突!お笑いルーレット

  • 放送期間/放送時間
    • 東西対抗お笑いルーレット:1975/03/05〜03/26
      1. ドラマ「運命峠」(1974/10〜1975/02放送、主演・田村正和)の早期打切りに伴う1ヶ月限定の繋ぎ番組として放送。
    • おくにじまんスター自慢:1975/04/02〜09/24
      • (水)22:00-22:55
    • 特集 ザ☆スター:1975/10/01〜1976/03/31
    • 相性診断!あなたと私はピッタンコ→相性診断!ザ・ピッタンコ:1976/04/07〜1981/03/25
    • 激突!お笑いルーレット:1981/04/01〜09/02
      • (水)22:00-22:54
      1. 当該番組終了後は、「三枝の愛ラブ!爆笑クリニック」(1981/09〜1995/09放送、司会・桂三枝ほか)を放送(尚、「爆笑クリニック」放送中期の1985年4月より月曜22時台→同10月より火曜22時台に放送時間を移動)。
  • 司会
東西対抗
お笑いルーレット
1975/03/05 1975/03/26 桂 三枝(文枝) 児島美ゆき 00.01 ・三枝は1981年9月より「三枝の愛ラブ!爆笑クリニック」のメイン司会者として当枠に復帰。
<担当履歴(三枝)>
・1981/09/16〜1995/09/26(14.02):三枝の愛ラブ!爆笑クリニック
おくにじまん
スター自慢
1975/04/02 1975/09/24 桂小金治 00.06  
特集 ザ☆スター 1975/10/01 1976/03/31 桂小金治
(01.00)
あかはゆき 00.06  
相性診断!
あなたと私はピッタンコ
1976/04/07 1981/03/25 横山やすし
西川きよし
泉ピン子 05.00  
激突!お笑いルーレット 1981/04/01 1981/09/02 上岡龍太郎 マッハ文朱 00.05 ・1975年3月に1ヶ月限定で放送された「東西対抗お笑いルーレット」のリメイク版として製作・放送。
  • レギュラー等
    • 特集 ザ☆スター
      • レギュラー:海原千里・万里
    • 相性診断!あなたと私はピッタンコ
      • レギュラー:浅野八郎(相性診断解説)/泉アツノ
    • 激突!お笑いルーレット
      • 審査員:藤本義一/横山ノック、ほか
      • 準レギュラー:桂文珍/月亭八方/B&B/ザ・ぼんち/今いくよ・くるよ/島田紳助・松本竜介/西川のりお・上方よしお/ゆーとぴあ、ほか

エメロンナイト レディーファースト

  • 放送期間:1977/04/02〜08/27
  • 放送時間:(土)22:00-22:55
  • 司会
  1. 1977/04/02〜08/27(00.05):西郷輝彦/山本伸吾

12時開演!・あなたが主役!

  • 放送期間:1978/04/03〜09/25
  • 放送時間:(月)12:00-12:30(「12時開演!」月曜枠)
  • 司会
  1. 1978/04/03〜09/25(00.06):桂 三枝/東 八郎

12時開演!・おふたりさん!出番です

  • 放送期間:1978/04/04〜09/26
  • 放送時間:(火)12:00-12:30(「12時開演!」火曜枠)
  • 司会
  1. 1978/04/04〜09/26(00.06):春日三球・照代
  • レギュラー:出門 英

12時開演!・おしかけ寄席

  • 放送期間:1978/04/05〜09/27
  • 放送時間:(水)12:00-12:30(「12時開演!」水曜枠)
  • 司会
  1. 1978/04/05〜09/27(00.06):青空球児/好児
  • レギュラー:もっちゃん(着ぐるみ担当)
 

花の新婚!カンピュータ作戦(関西テレビ製作・関西ローカル)

  • 放送期間:1978/10/01〜1991/03/31
  • 放送時間:(日)12:00-12:55(関西)
  • 司会
  1. 1978/10/01〜1991/03/31(13.00):上岡龍太郎
    • 1990年2月〜1991年3月まで、フジ系「上岡龍太郎にダマされないぞ!」と併せて、上岡は大阪・東京で同一時間帯で放送されている異なる番組のメイン司会を担当。
  • 解答者:横山ノック/キダ・タロー/藤本統紀子/桂 朝丸/カルーセル麻紀/桂 文珍/末広真季子/桂 春蝶/上沼恵美子/月亭八方、ほか
  • 備考:当番組は形式上、”ゲーム番組”として企画・放送されていたが、実際上はバラエティ色の強い構成が採られていたため、当該カテゴリーにて掲載することとする。

NET→テレビ朝日系

水曜19時台後半・コント55号メインバラエティ番組枠

ウォー!コント55号
→(1970/01〜)やっちゃおう!コント55号
→(1970/10〜)スパルタ!55号
→(1971/04〜)コント55号 笑ってたまるか

  • 放送期間/放送時間
    • ウォー!コント55号:1969/07/02〜12/24
    • やっちゃおう!コント55号:1970/01/07〜04/01
    • スパルタ!55号:1970/10/07〜1971/03/31
    • コント55号 笑ってたまるか:1971/04/07〜09/29
      • (水)19:30-20:00
  • 司会・メインキャスト
ウォー!コント55号 1969/07/02 1969/12/24 コント55号
(萩本欽一/坂上二郎)
00.09  
やっちゃおう!コント55号 1970/01/07 1970/04/01 ・1970年春改編で同枠の次番組として桂小金治司会によるバラエティ番組「爆笑エレベーター」が編成されることになったのに伴い、同局系でのコント55号メイン枠は木曜20時の1時間枠に移動。当番組終了の翌日(1970/04/02)より、番組カテゴリーをコントバラエティ番組からコメディドラマ番組に衣替えして「コント55号60分一本勝負」が放送開始(同09/24まで。尚、同番組は番組分類上での位置づけはドラマとされているため、同番組の放送された半年間に関しては当該司会担当期間には通算しないこととする)。
(1970/04〜09までは水曜19時台後半枠では「爆笑エレベーター」(桂小金治司会)、”55号枠”としては、木曜20時台でドラマ「コント55号60分一本勝負」を放送)
スパルタ!55号 1970/10/07 1971/03/31 コント55号
(萩本欽一/坂上二郎)
(01.09)
01.00 当該放送枠での前番組「爆笑エレベーター」、並びにその代替として新たに55号枠として設定された木曜20時台の「コント55号60分一本勝負」がともに2クールで打ち切りとなったため、再びNET系での55号枠を当該放送枠に移動。
コント55号 笑ってたまるか 1971/04/07 1971/09/29  
  • レギュラー
    • ウォー!コント55号
      • レギュラー:水森亜土/桂 米丸/三笑亭夢楽/春風亭柳朝/横山ノック/赤塚不二夫、ほか
    • スパルタ!55号
      • アシスタント:スパルタ・ガールズ(※当番組限定の女性グループ)

びっくり大ショック

  • 放送期間:1970/07/15〜1972/09/27
  • 放送時間:(水)19:00-19:30
  • 司会
  1. 1970/07/15〜1972/09/27(02.03):E・H・エリック

日曜20時台・桂三枝司会ドッキリ系バラエティ枠

いたずらカメラだ!大成功
→(1977/04〜)全員出動おじゃましま〜す!

  • 放送期間/放送時間
    • いたずらカメラだ!大成功:1976/04/11〜1977/04/10
    • 全員出動おじゃましま〜す!:1977/04/17〜07/17
      • (日)20:00-20:55
  • 司会
いたずらカメラだ!大成功 1976/04/11 1976/04/10 桂 三枝 森田つぐみ 01.04  
全員出動おじゃましま〜す! 1977/04/17 1977/07/17  
  • レギュラー
    • いたずらカメラだ!大成功
      • コーナーレギュラー:笑福亭鶴光/月亭八方/フィリップ宮田、ほか
    • 全員出動おじゃましま〜す!
      • コーナーレギュラー:山城新伍/丹下キヨ子/笑福亭鶴光/月亭八方/清水國明/一谷伸江/清水クーコ/稲川淳二/フィリップ宮田、ほか

日曜19時台後半・象印マホービン一社提供枠(※1979/02まで)

象印ライバル対抗大合戦!

  • 放送期間:1978/01/08〜1979/02/25
  • 放送時間:(日)19:30-20:00
      1. 当番組終了後も同枠での象印一社提供体制は継続(1979年3月より「象印クイズ ヒントでピント」を放送)。
  • 司会
  1. 1978/01/08〜1979/02/25(01.02):横山やすし/西川きよし

日曜正午・(大正製薬提供・)坂上二郎→あのねのね→やすし・きよしメインバラエティー枠

まっ昼間!笑っちゃおう
→(1979/04〜)(大正)週間漫画 ゲラゲラ45
→(1983/04〜)やすきよ笑って日曜日
→(1986/04〜)みんな気まぐれ日曜日

  • 放送期間/放送時間
    • まっ昼間!笑っちゃおう:1978/07/02〜1979/04/01
    • (大正)週間漫画
      ゲラゲラ45:1979/04/08〜1983/03/27
    • やすきよ笑って日曜日:1983/04/03〜1986/04/06
    • みんな気まぐれ日曜日:1986/04/13〜11/30
      • (日)12:00-12:45
  • 司会・メインキャスト
まっ昼間!笑っちゃおう 1978/07/02 1979/04/01 坂上二郎 01.03  
(大正)週間漫画 ゲラゲラ45 1979/04/08 1979/09/00  
1979/10/00 1983/03/27 あのねのね
(原田伸郎/清水國明)
03.06  
やすきよ笑って日曜日 1983/04/03 1986/04/06 横山やすし
(03.08)
西川きよし 03.00 ・前番組「週間漫画ゲラゲラ45」内で放送されていた伊東四朗メインによるサラリーマンコントを、新たにやすきよを主役に迎え、一番組として発展させる形で「やすきよ―」が放送開始。
・やすしは1983年9月〜1984年7月まで当番組未ネットの朝日放送で日曜正午枠に放送されていた公開コメディ番組「やっさんのはちゃめちゃ捕物帖」にもメインキャストとしてレギュラー出演(尚、東京キー局・大阪準キー局でそれぞれ同一の時間帯で放送されている異なる番組にメインキャスト・メイン司会者として出演したケースは2013年10月時点で各種資料で確認される限りでは、同例のほか、1990年2月〜1991年3月まで上岡龍太郎が日曜正午枠で「上岡龍太郎にダマされないぞ!」(フジテレビ)・「花の新婚カンピューター作戦」(関西テレビ)の司会を務めた例、1988年11月〜1990年9月まで月曜19時台前半枠で明石家さんまが「やっぱりさんま大先生」(フジテレビ)・「さんまのまんま」(関西テレビ)の司会を務めた例の計3例しかない)。
・1986年夏の参議院議員選挙への出馬準備専念のためきよしが同年春で芸能活動を休止。これに伴い新たなやすしの”相方”として元々「やすきよ―」の原型となる「ゲラゲラ45」内のコントコーナーのメインレギュラーだった伊東四朗を起用、「みんな気まぐれ日曜日」として再スタートを切ることに。
・やすしは「みんな気まぐれ―」終了後に日曜正午枠で製作・放送された「クイズ!!データマッチ」(1986年12月〜1987年10月放送、桂文珍・さつきりせ司会)にも解答者の一人としてレギュラー出演。
みんな気まぐれ日曜日 1986/04/13 1986/11/30 伊東四朗 00.08
  • レギュラー
    • まっ昼間!笑っちゃおう
      • レギュラー:団しん也/藤村俊二/山田隆夫/吉川圭子/豊岡 豊、ほか
    • (大正)週間漫画 ゲラゲラ45
      • レギュラー・準レギュラー:伊東四朗/大山のぶ代/高見知佳/石野真子/石川さゆり/稲川淳二/星セント・ルイス/イッセー尾形/及川ヒロオ/片岡鶴太郎、ほか
    • やすきよ笑って日曜日
      • レギュラー:山田スミ子/藤田弓子/鮎川いずみ/大山のぶ代/金子信雄/谷本重美(小川範子)/コント・レオナルド/木村一八/西川弘志/すがぬま伸、ほか
    • みんな気まぐれ日曜日
      • レギュラー:山田スミ子/朝丘雪路/金子信雄、ほか

東京12チャンネル

ガッツヤング登場→(1974/07〜)へーイ!ハイ!ガッツ!

  • 放送期間:1973/10/06〜1975/03/26
  • 放送時間
    • (土)17:45-18:15(1973/10〜1974/03)
    • (土)18:15-18:45(1974/04〜1975/03)
  • 司会
  1. 1973/10/06〜1975/03/26(01.06):せんだみつお/キャッシー

仁鶴・たか子の夫婦往来(毎日放送製作)

  • 備考:毎日放送・朝日放送間のネットチェンジに伴い、1975年4月以降はTBS系にて放送。
  • 放送期間:1974/04/06〜1976/09/25
  • 放送時間
    • (土)22:30-23:15(1974/04〜1975/03)
    • (土)12:00-12:30(1975/04〜1976/09)
  • 司会
  1. 1974/04/06〜1976/09/25(02.06):笑福亭仁鶴/岡本たか子(隆子)

ライバル大爆笑!

  • 放送期間:1975/04/04〜09/26
  • 放送時間:(金)20:00-20:55
  • 司会
  1. 1975/04/04〜09/26(00.06):桂 歌丸/三遊亭小圓遊

カップル誕生

  • 放送期間:1975/10/03〜1976/07/09
  • 放送期間
    • (金)19:00-19:30(1975/10〜1976/03)
    • (金)19:30-20:00(1976/04〜07)
  • 司会
  1. 1975/10/03〜1976/07/09(00.09):前田武彦/木原光知子  

  • 最終更新:2014-03-26 04:23:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード